大エルミタージュ展

行ってきました。面白かった。

 

にわかロシアオタなので、もっとロシア感の強さを期待して行ったのですが、内容はエルミタージュの収蔵品によって当時のヨーロッパ絵画史を解説するというもので、ロシアは……? と思いましたがそれはそれで大変面白かったです。

 

絵画の構図や、ルネサンスバロックといった絵画史はもとより、当時どういう需要や目的で絵画が描かれたかっていうのが興味深かった。庶民の間で家に絵を飾るのが流行ったという話、私はその習慣に馴染みがないので、そりゃ描いたらどこかに飾るよねと目から鱗だった。展示されていた絵は寓意的なものが多かったけど、現代日本でいうみつを日めくりとか修造カレンダーみたいなものなのだろうか。

 

当時の風俗を描いたものも多くて、舞踏会のドレスだけではなくて、水遊びをするときのワンピースとか庶民の普段着とか、いろんな服装が描かれている絵が多かったのもよかったな。

 

同じ宗教画でも、キリスト教での鳩はヤハウェだけどギリシャ神話特にヴィーナスと一緒にいる鳩は戦車を曳く鳩だそうで、受胎告知で中央にキラキラしてた父が次の絵画でキューピッドに鷲掴みにされてたの笑った。と、父さーん!!

 

内容は実質近世ヨーロッパ絵画史とはいえ、額にキリル文字での記載があったり、音声ガイドはチェブラーシカだったりと、随所にロシアを感じられました。

音声ガイドは又吉直樹チェブラーシカのどちらかから選べるのですが、チェブラーシカ超かわいいので超おすすめです! 又吉はわかんない。なんで又吉だったんだろう。


f:id:gmng:20171108140949j:image

 BLみを感じたマトリョーシカ

 

 

ミュージアムショップはロシア雑貨満載でした! ヨーロッパ風ともアジア風とも違う、ロシア独特の紋様が施された紅茶缶とか、めちゃめちゃかわいかった~

ロシア語の絵本も置いてあって、私のような「展示はよかったけど、ちょっとロシアが足りない……」という観覧者の心をがっつり掴んでいたなあ!

 

美術館のミュージアムショップで何を買ったらいいのかわからない人生を歩んできましたが、展示の中の「庶民の間で家に絵画を飾るのが流行った」というのに触発されてポストカードを買いました。

 


f:id:gmng:20171108141409j:image

エカテリーナⅡ世の肖像とヴィーナスの化粧

 

標語的な意味で飾っていたというのになぞらえて、私も「こうなりたい……」と思ったやつを。あっ、このヴィーナスの化粧が鳩わしづかみのやつだ。

今はパリジェンヌ展で買ったポストカードも増えてます。

 

一番かわいい! と思った聖ツェツィーリエは売り切れでしたので神戸でなんとか入手できないものかと画策していますがおそらく神戸には行けない。誰か~送って~

 

そして最後になりましたが、美術に関してど素人の私に丁寧に説明してくれた同行の友人、ありがとう!

ベイビードライバー4DX

1ヶ月以上前の下書きを掘り起こしました。

 

「ベイビードライバー」を見てきたよ。ネタバレあり。

続きを読む

ぜんぜん真面目じゃない

二個前の記事、自分でもブログ開くたびに不愉快になってきたので消しました。やっぱり深夜に書いたやつはだめだ……

 

ここ1ヶ月くらいずーっと体調が悪い。雨続きだったからかな? 冬がきてるからかな?

発作は寝るとおさまるから、と言われてひどい時は薬飲んで寝るようにしてるけど、ここ最近ほぼ毎日そんな感じ。

特に仕事終わりの脱力感からの虚無感がひどいので、結果家に帰ったらとりあえず風呂は入る、でもあと寝るだけ、っていう状態。うちは夜に洗濯を済ますのですが、週の半分は夫に丸投げ。そのかわり弁当はどうにかこうにか作るけど、作れん日もある。夕飯を食べたり食べんかったりしてるわりには痩せないので、たぶん筋肉がボロボロ落ちている……

 

喫茶店でバイトがしたいなあ。副業でやりたいから夜遅くまでやってるとこ。

勤務時間は18時か19時~22時くらいまで、週二か週三勤務、日祝はその都度応相談。お客さん少ないとこなら最低賃金ギリギリでもいい。すげー舐めた条件だけど、ちらし貼り出してみようか。求人広告があるなら求職広告があってもいいじゃんねー。

黒染め高校デビュー

中学生の時には既に白髪が多かったので、中3の冬に母から「染める?」と聞かれましたが「んーまあいいわ」と答えて一度はそれで終わりになっていました。私としては、確かに白髪は多いけど「白髪あるよ」って度々教えてもらうのが申し訳ない程度でそんなに気にしていませんでした。

 

が、しかし母と入学準備の買い物に行ったら未知の高校生活に気持ちが高まったのか、ハンズのトイレで「お母さん、髪染めたい」と言ったのを覚えています。自分が染めるかと聞いたことをすっかり忘れていた母が「突然何に目覚めたのかと思ってびっくりした」と言っていたのも覚えています。母としてもまあ本人が気にしないならいいやぐらいの認識だったようです。

 

一回目は美容院でやってもらったんですけど、そしたら美容師さんの親心なのかなんなのかちょっと茶色くなってしまって(光が当たると茶色く見える程度)、それ以降は髪色戻しで自染めしています。

 

そんな経緯で入学時はちょっと茶色かったものの何も言われずに済みましたが、やっぱりマジの高校デビューで意図して色を入れてくる子はいたらしく、全体に向けて「染髪はしないように」という注意がありました。

当時クソ真面目だった私は、「私も染めてますがやめたほうがいいですか?」と先生に申し出ました。今思えばクソ真面目から一周回ってひねくれているな。

申し出た先の担任の先生には「そういう事情なら言わなくてもいいよ、ていうか申し出なくても黙ってれば大丈夫だよ」みたいなことを答えられた気がします。私の空気の読めなさを分かってくれるとてもありがたい先生でした……その後もいろいろとお世話になった大好きな先生です。

 

しかしまあ、当然違和感は覚えました。「髪染めるなよー」って言われたのに、白髪を黒く染めるのはオッケーって、なんだか分かるような分からんような理屈。

自毛は限りなく黒に近いこげ茶なのを黒く染めているので、自毛と色は変わっているけど黒いからOK。方や生まれつき髪色が明るい子は、自毛証明を提出させられた上に生徒指導に恫喝されて生徒指導室に連れて行かれるようなこともあるという不公平さ。

恫喝するくらいなら、自毛証明提出してきた生徒の顔ぐらい覚えとけよ! 自毛証明提出しなきゃいけない生徒が覚えきれないほどいるんならもう自毛証明いらんだろ! とか、今になってもまだいろいろムカつく生徒指導の先生がいたのも最悪でした。

この教師は生徒のご機嫌とるようなところもあって本当に嫌いだった。加えて、半年前に副担任でもってたはずの私に対して初めて見る生徒みたいな扱いをしたのも腹が立つのを通り越して軽蔑したし、そんなだったら自毛証明を提出している生徒の顔を覚えていないのも無理ないよねー。仕事しろ。

話それたけど、もちろん恫喝されなくても不公平なんですよ!

 

私はそもそも黒髪派だったので(明るい髪色に憧れもあったけど)自分の髪色についてはストレスなく過ごせたのでその点では恵まれていました。これで自毛が明るかったら悩み事が二倍にも三倍にもなっていたかも。

その後は、大学に入って何回目かに髪を染めようとした時、あっそういえば私もう何色にしてもいいんじゃんと思ってちょっとアッシュを入れて以来、染めたり染めなかったりしつつ暮らしています。勤め先が髪色に緩いのをいいことにちょっとずつ明るくしてたら痛み過ぎて色が入らなくなったので今はプリンというよりマーブルになっている……

 

今の勤め先は一応接客業にも関わらずメッシュを入れている人がいても問題にならないくらいゆるい職場ですが、以前勤めていたところは、研修で「髪色はここまで」というカラーチャートを見せられたくらいには厳しかったです。基準色はそんなに暗くはなかったけど、自毛が基準より明るいことだって全然ありうるし、そういう人は一生意に沿わない色に染め続けないといけない可能性がある。最悪ですね。

 

私は大阪の高校生を応援するし、逆ともいえる立場ではありますがこれからも好きな髪色でお客さんの前に出続けようと思います。

自毛を黒くしないといけないとか、黒くしとかないと就職で不利とか、何もかもおかしい。髪型なんてどうでもいいよ。

 

とりあえず結婚式終わったら刈上げにして、何かしらの理由で休職することになったら99%生まれつきではなさそうな色にしたい。

本当は、徐々に明るくしていって職場で注意されるラインがどこなのか探ろうと思っていたんだけど、余りにも痛みが激しくなったのとそもそも色が入らなくなっちゃったのとで頓挫したんだよ。でもロングだから厳しいだけでショートならいけるかもしれない!

朝から私事でぐるぐる悩みながら仕事していて、もうダメだ死のう、それか失踪しよう、という結論に至ったあと、ん? これは……という活路を見出だして浮上、のち再びなんとなく沈没、というジェットコースターな1日でした。

それもこれも部屋の片付けをすればなんとかなると思うんだけど、家に帰るとやる気が消失してできないし、できなかったことでまた自己嫌悪、っていう悪循環から脱け出せない。

助けて。

いつも自分語り

おおきく振りかぶって波よ聞いてくれ3月のライオン、私が買っているコミックスの新刊がまとめて三冊も出たので嬉しい。カルバニア物語もちょっと前に出たしね。

これで当分次の新刊はないかな……気付いてないだけで出てるかも、と思うこともあるのですが意外と発売日から一カ月以内には把握できることが多い。ツイッターさまさまです。ダンジョン飯だけは夫が「新刊出るよ」と教えてくれるのでだいたい発売日に買えます。

他に買っている漫画というとベアゲルターぐらいですが、こちらはまだまだ4巻は出なさそうです。ベアゲルターといえば、こないだスイス旅行に行った人から「ユングフラウに登ったよ」という話を聞いて、ユングフラウ、なんか聞いたことある……意味も知ってる気がする……なんだっけと思っていたらベアゲルターでした。教養が身につく漫画、ベアゲルター。

 

3月のライオンを9巻くらいから読み返していて、なんか変わったな? と思いました。自分が。天河の時はまあ、前回通して読んだのがたぶん高校生くらいの時だから見方が変わっているのもさもありなんですが、3月のライオンはせいぜい4年前とかなのにそんなに変わってることがあるもんかな? いや実際変わっているのであるんでしょうけど。

でも何が変わったのか全然わかんない! 

就職したし結婚もしたけど、それだけで価値観が大きく変わった気はしないし、人生の節目って人それぞれでそういう分かりやすい出来事ばっかりとは限らないし、むしろ今までもちょっとずつ変わってたけどその変化を自覚できるようになっただけなのかも。

 

あっでも一つ、いろんな作品に触れる上でのバックグラウンドで絶対影響あるだろうなっていうのは宝塚にはまったことですね。これは間違いない。愛とは? ってめっちゃ考える頻度増えたもん。どんな脚本でも「いやこれも一つの愛の形」とかって考えるじゃん……

だから登場人物の行動の細かなところに愛情を感じたりするようになったのかな。そういう変化なのかな。今までが鈍感すぎたのかもしれないけど、そういうことは悔やんでもしょうがないしな。

 

こうして作品の感想とかじゃなくて自分の話を延々と書いてると、私何やってんだろって思うんだけど、これ私のブログだし客観的に見て恥ずかしい語りだとしても書く。感想とかだって結局は自分を映す鏡のようなもの。そういうことに恥ずかしさを感じないから小説とか漫画とかがかける。読み返して恥ずかしくなることはあるけど、何に対して恥ずかしいのか考えると恥ずかしくなくなります。己の未熟さについて恥じる部分はあれど、それを笑う人に対して臆する必要はないからだ!

 

もちろん人を傷つけかねないとか、当時のモラルの未熟さ故の内容に気付いたときは消したり訂正したりするようにしています。過去にピクシブにあげた漫画もキャプションの「ホモ」表記を「BL」に直したけど、漫画本文のはどうしようか、キャプションに注記しようか作品ごと消すか迷ってる。もうそんなにたくさんの人の目には触れないと思うけど、キャプションに注記の方がかえって喚起できるものもあるかなーと思ったり……作品を消すのは名残惜しいという本音もありますが、キャプションにつらつら書くのも「意識高い系ですよ!」って言ってるようで敬遠されるかなと思った、思ったけど、それで意識高い系だと思われて敬遠されても別にいっか! いいよね! バイバイ差別! その時自分で正しいと思った行動をとらなければ後悔する。

 

席を譲ろうとして無視されてもいい。善意で声かけして無視されるのはいいんだけど、それより街頭のペッパーに無視される方が傷付く。野良猫にも平気で挨拶できるのにペッパーに話しかける勇気が出ないのはなんでなんだろう。私ペッパーのこと下に見てんのかな……ごめんね……

 

 

全然関係ないけど最近ショックだったことをふと思い出した、私東海圏在住で名古屋にキルフェボンがいつかできると信じて待ってたんですけど、昔あったんだって!! 閉店したんだって!! だから今後の望み薄いみたい!! 悲しー!!

 

神々の千秋楽

宝塚友の会で神々の千秋楽のチケットが当たったので行ってきました。友の会、友情を疑ってごめん。

初千秋楽。しかもまぁ様の退団公演、サヨナラショー付き。

千秋楽のムラ自体が初体験だったので、緊張感と高揚とで1日興奮しっぱなしでした。パレードでまぁ様のお姿を見ることは叶いませんでしたが、力強いゆりかさんと宙組生の「ソーラン!」と会の皆さんの黄色い歓声が聞けただけでも嬉しかった。

 

神々からサヨナラショー、カーテンコールまで、観てる間はすごい幸福感に包まれてたのに、終わった瞬間波が引くように寂しくなって虚脱状態に陥り、これが贔屓の組のトップさん退団か……と実感しました。ヅカオタやめよう、と思いながらもすがり付くように宙組本を買って帰った。まぁ様とゆりかさんの対談すごい良かった……

 

サヨナラショー、ぱっと思い出せるのはこのくらい。まぁ様と娘役さん4人で踊るところ、歌うところ、うららちゃんとのデュエダンがどの順番だったか思い出せない……

  1. エジプトは領地を広げている
  2. VIVA FESTA!
  3. ソーラン宙組
  4. cheek to cheek
  5. メランコリックジゴロ
  6. セ・パリ
  7. 最後のダンス
  8. Will in the world

 

王家は私の宙組初観劇作品なので思い出深かったです。大劇場で見るの自体が二回目だった(初観劇は1789)。ライブだったら「領地広げて❤️」っていううちわを作っていきたい。

 

そして私は何と言ってもトプハとメランコリックジゴロ。

大好きで何度もDVDを見ているトップハットとメランコリックジゴロが、まさか大劇場で、生で見られるなんて!!

トップハットはちょうど宝塚にはまった頃にやっていた公演で当時は存在すら知らず、メランコリックジゴロの時は公演日程とかスケジュールとかよく分からなくてやっぱり公演の存在すら知らず、後から友人が勧めてくれてDVDを買ったんです。手持ちのディスクの中で一番よく見てる二作。

みりおんはいないけど、大好きなまぁまかコンビのダニエルスタンを見られてとっても幸せでした。そのあと組本読んだら対談でメランコリックジゴロに触れててまた泣くじゃんか……

 

ジェリー→ダニエル→右京先生→トート閣下の流れは見事でした。変幻自在まぁ様の魅力全て見せますコレクションでした。セ・パリから最後のダンスへの切り替えはほんとすごかった!

 

 

それから退団挨拶、カーテンコール。

 

まぁ様って千秋楽では意外と多くを語られないけど、今回は本当にその語らなさがより多くを物語っていると思いました。いつもそうなんだけどね。

投げキッスもまぁ様らしくて、提案したのが真風さんなのか紅ゆずるさんなのか分かりませんが誰だとしても素敵だな~。客席みんなで「キャー!」って黄色い歓声あげるの本当に楽しかった。エースモーションのアドレナリンよみがえれりでした。まぁ様のかっこよさにキャー! っていうの本当に楽しい。お日さまが暖かくて気持ちいいみたいな感覚。

カーテンコールも一回は真風さんと二人並びするかなと思ったけどなかった(東京であるかもしれないが)のも、見たかったけど、それはそれでみんなを平等に照らす宙組の太陽まぁ様のお姿といった感じで、それを劇場で見られるなんてこんな幸せがあるかよ!!!! と思いました!!!! あーーー書いててまた寂しくなってきた!!!(;-;)

 

ありさちゃん、私が宙組でみりおんうららちゃんの次にお顔と名前を覚えた娘役さん。

王家見て、あのかわいい女官の子は誰!? と思ってパンフレットめくったのが懐かしい。トプハでもキュートだったし、かと思えば王妃の館では皇太后役で貫禄も見せてくれて、大好きな娘役さんでした。

神々では、情熱的なジプシー酒場の歌。そして千秋楽、客席からの万雷の拍手が忘れられません。私も夢中で拍手したよ。素晴らしかった。

 

 

私いつからこんなに宙組に……まぁ様に……と呟いたら、友達に「王家見て『まぁ様が私の中で領地を広げている』って言ってたの覚えてるから最初からじゃないの?」と言われてマジで? と思いました。そういえばその頃に彼女にすすめられてトップハットを買ったような気がする……ありがとう……

 

でも本当に虚脱状態が抜けなくて、みりおん退団の時だってここまでじゃなかったのにねーやっぱり王妃はコメディだったから気の持ちようはかなり違うというのもあるし、まぁ様が退団するまでがまぁみりだと勝手に思って生きてきたからかも。いや11月20日以降のインスタ楽しみにしてますほんとに……

振り返ると神々始まる前からずっとほとんどクラシカルビジューの話に触れてないけど、クラシカルビジューも大好きですよ! ブルーレイ待ってます!

 

 

 

ザ・タカラヅカ 7 宙組特集 (タカラヅカMOOK)

ザ・タカラヅカ 7 宙組特集 (タカラヅカMOOK)

 

みりおんがいるうちに……と思ってたけど、今だからこそ密なまかうら対談が読めたのかな~とも思ったり。何にせよみりおんも大好きだし今の宙組も大好き、そしてまかまど率いる宙組もきっと大好きです。