下手に冬眠から覚めると死ぬ

ブログを書く心が完全に死んでいました。実際物理的にも体調が悪くて、友人にも心配かけたりしていたんですけど、観劇4カ月ぶりだわ~と言ったらヅカオタの友人に「そりゃ体調崩すわ!」と言われました。言われてみればそりゃそうだな。

寒くて朝起きれなくて、朝30分は舞台映像見るっていう習慣もストップしてたからなあ。早起きして摂取しよう朝ヅカ。

 

4カ月ぶりの観劇は中日劇場星組公演でした。

うたかたの恋」、スカステで部分的に見たことはあったけどちゃんと見るのは初めてでした。

すーーーーgっごいすき!!!!

たぶん柴田先生と正塚先生が好きなんですよ。けっこう両極端なんだけど。

正塚先生は現代的なというか、現代の自由主義的女子の感覚を持っていらっしゃると思う。「パーシャルタイムトラベル」で、現代テスが手掛かりをたよりに追って来たジャンにときめくのではなくてドン引きするシーンを入れるところとか、すごく信頼できる。

対して柴田先生は、私がちゃんと見たことあるのは「仮面のロマネスク」「激情」の二作品で、「"男"と"女"」っていう構造がはっきりしていると思うんですね(原作ものじゃんっていうのはとりあえず置いといてほしい)。そういうところ一見正塚先生作品とは正反対なんだけど、柴田先生の描く女性像って意外と精神的に自立している。メルトゥイユもカルメンも。でもその女性像は、いずれも観客は主人公を通して見ることになる。ヴァルモンやホセが見ている彼女らを私達は見ている。

うたかたの恋」は、それがすごく顕著だなと思いました。マリーはルドルフの理想の女性、悪い言い方をすれば都合のいい女性です。でもマリーはルドルフを愛していて、秘密の逢瀬を重ねることにも心中することにも何のためらいもなく、ただただルドルフを愛する女の子。一歩描き方を間違えれば人格のないお人形にもなりかねない存在ですが、マリーの場合その姿がまるでルドルフの見ている夢のようで幻想的で、物語が進むにつれてマリーは「小さな青い花」という存在に凝縮されていきます。そこでマリーが”マリー”として自立する。ルドルフの理想像ではあるので、物語の中での存在自体はルドルフに依存しているんですけど、心理的な支配関係が序盤のうちに逆転するので、それもすぐ意味がなくなるんだよね。

ほんで、ここまで来るともはや”女性”ではなくて、妖精か天使か何かに恋をして人間でなくなるルドルフの話なんですよ。自由主義を体現して生きている、いわばとても現実的で人間的なサルヴァドル大公とミリーが最後に問いかけて終わるように、ルドルフとマリーの恋は夢の世界のお話で、マリーはルドルフをしんどい現実から幸せな夢へと導く存在です。ルドルフという主人公の添え物であると見せかけて、ルドルフを先導しているのはマリーであるという。解釈です。私の。

カルメンなんかもっと分かりやすくて、愛した男に振りまわされているようでいて勝手に踊っているのは周りの男達っていう。「うたかた~」の場合は、二人とも上流階級なのと、ルドルフとマリーという完全な1対1でストーリーが進む分、人間界から離れていくヤバさが際立っている。そろそろ語彙が死んできた。

あーちゃんがね~~天使だったよ~~~

 

断定形で書いちゃったから恥ずかしくなったら消すかも!

私の性癖からしてもめちゃめちゃ好きなストーリーです。心中ものが好きなのさ~

 

また書きますねみたいな引きでまた書いたためしがないので、今年はその引きを禁じようと思います。この誓いを自ら破ったりしないように。

今年の目標2018

  • 中学生並みに踊れるようになる
  • 結婚式を完遂して刈り上げにする
  • 数ⅠAを勉強する

 

思いついたら書き足します。

去年の目標メモ見たらほとんど達成できていませんでした。ラブリー!

まとまらない2017

一箇所でも大掃除すれば気持ちよく新年を迎えられるだろうと思い下書きを大掃除していますが、ご覧の通り楽しくない話ばっかりですね! 楽しくない話だから投稿をためらってそのままになっていたんだねえ。そりゃそうなる。

 

総合的に見れば今年は運の良い年でした。なんやかやとプラマイゼロになっている気もするけど、プラスとマイナスの振れ幅が大きくて、プラスの出来事だけを思い出してあと忘れればめっちゃ幸せな年でした!

楽しい女の子たちとお友達になったり、友達がたくさん遊びに来てくれたり、いろいろチケット運が良かったり。みりおん退団とまぁ様退団はもう今となっては良い思い出とするしかない……

 

物理的大掃除も一箇所ぐらいはやろうかな。アマ段でも片付けるか。

下書き大掃除:単なる過去の日記

最近は寝れない時はとりあえず目をつむって、マジで寝れない時は勝手に目が開くので薬を飲み、目をつむるのに飽きてきても寝れなかったら起きて薬を飲み、みたいな感じで寝つきのストレスを軽減させられるようになってきた。

まれに夫のいびきが気になる(うるさくはない)時は、夫の顎を軽く持ち上げるとおさまります。気道確保。

 

それにしても今日は体調が悪かった!

朝から雨降りだというのが大きかったのかな? いつでも倒れられますよ! みたいな状態で、病院の先生を疑い始めたら終わりだとは思いつつも、飲まなくても死なない薬とは言われてるけどじゃあ今の私のこの様はなんなんだ? って惨めな気持ちになりますね。結婚式も単なるお金の心配から結婚式そのものが不安になってくるという段階へやって参りました。いつ死ぬのか?

 

 9月は一年分くらいの予定が詰まってて移動距離も半端じゃなかったんだけど、そのせいでカード請求が毎度の如く不正利用を疑う金額で、でも一個一個確認したらもちろん不正利用ではない上に無駄遣いといえるものが一つもなくて震え上がりました。いやまあ宝塚通いを無駄遣いと呼ばなければの話だけど……実家に帰るだけで3万円飛んでいくのは痛いなあ……

 

太らないんじゃなくて定期的にストレス痩せするからそれでトントンになってる

下書き大掃除:痴漢に遭った話 #Metoo

痴漢とか付きまとい(ナンパ)みたいな、世間の悪意に触れると疲れるけれども、その多くは触りたくもないのに向こうから触ってくるもので、連鎖的に嫌なことをいろいろ思い返すので大変な害悪である。

でも嬉しかったこととして思い出せることが一つある。嬉しかったというのとはちょっと違うかもしれないけど。

 

学生時代、夜中の2時くらいに自転車で帰っていたら不審者に遭った。道に立ちふさがり、袖をつかんできた不審者を振り払って、そのまま自転車で最寄りの交番に駆け込んだ。

こんな時間に出歩くなんて……とか言われるんかな、と思いながら、「夜分にすみません……」って電話した。そしたら全然怒られなかった。私はその時がそういう被害にあうの初めてで、通報してよかったのか迷いながら話したけど「明らかに不審者だね」「今から行くから交番で待っててください」と丁寧な対応だった。交番に来たのも女性警官と男性警官のペア。主に話すのは女性警官で、男性警官も至極まともな対応。素手で服をつかまれたってことで、DNA出るかもしれないから被害届を出してほしいっていうのは強めに言われたけど、鑑定に出したらこのコート返ってくるん? 来んかったら困る、でも聞けない、と思ってるうちに「帰りたそうだし被害届はなしで」ということになってしまった。被害届出さなかったことは後悔してるけど、当時の状況考えるとしょうがないかなと思う。

 

 

中高生の時より、20代半ばになってからの方が圧倒的に痴漢とか不審者とか付きまとい迷惑行為(ナンパ)に遭うことが増えた。理由は全然分からんけど全部一様に鬱陶しいし死ねである。クソが滅べば済むのになんで私が最寄りの交番覚えとかにゃいかんのじゃ、と思うけど、クソを一日でも早く滅ぼして被害に遭う女の子を減らすためにも積極的に通報していきたい。

 

夫に初めて「今日痴漢に遭ったかも……」と話した時は「勘違いじゃない?」という対応ですごくショックを受けたんだけど、後々話してみたら「楽しくない話題だから話を変えた方がいいと思ったし、肯定した方が傷付くと思った」とのことで、いや逆だよ、傷付くよ、と話したら分かってくれたけれども、私の素晴らしき夫ですらこの程度なので、世の中にはもっとやべー奴いっぱいいるんだと思う。

一口に痴漢とはいっても、微妙なラインのやつがすげー多い。実際私が夫に相談したのも、「車内が空いてるのに手の甲がずっと腰に当たっていた」というもので、夫を擁護するならば普段電車に乗らなくてパーソナルスペースや触られたくなさや体格差を意識せずに生活している人なら「それ痴漢か?」と疑うのもしょうがないのかもしれない。

私自身も微妙だと思った。単純に鈍感な男だったのかもしれないし(それはそれで嫌だけど)、被害届出せるのか分かんなかったけど、不快で怖くて体が固まったのは事実だった。そういうことを打ち明けるのはかなり相手に心を許せていないとできないので、男女問わず「痴漢に遭ったかも」という告白をされたら否定せずに肯定してほしい。

善意から「気のせいだよ~」と言ってしまう気持ちも分からなくはないんだけど、それが相手を傷つけてしまう可能性も考えてほしい。あとは各々の信頼関係に任せます。

下書き大掃除:同性愛消費者の差別

百合界隈で「悩んでないのもいいけど、『女の子同士なのに……』っていう葛藤が好き!」「そうだそうだ!」という盛り上がりを見かけてしまい、精神が削れた。BL界隈にも同じのあったよね。あるよね。

萌えの指向として「葛藤してるのが好き」というのはどうぞご自由に……なんですけど、現実の同性愛嫌悪、マイノリティ排斥の風潮をみてると私はフィクションでも葛藤には萌えられない……私のかわいい推し達にはそんな不必要な葛藤しないで自由に幸せになってほしい。葛藤するにしても、その後「同性愛だろうと異性愛だろうと愛し合ってるんだから何も問題ないよね!」ってなるところまで見たい。

いやでも、せめて自分がシスヘテロの人が同性愛に萌えるなら、同性愛が全肯定された世界を描くか、肯定できるようになる過程を丁寧に描くとかした方がいいと思う。フィクションだからこそ。現代もので同性愛を禁忌扱いするのは、相当慎重に描くかかなりしっかり注釈入れないと、差別の加担になる。「個人の萌えだから……」で済まされる時代は終わった。終わってないのなら、終わらせないといけない。終わらせる義務があるのは言うまでもなく同性愛を趣味嗜好として消費している私たちに他ならない。

 

過激なAVやエロ本が批判されてるのと同じで、現実にそれ(同性愛のタブー扱い)が悪いことだと周知されてない世界で、差別が背景にあることを肯定的に描いたらダメなんだよ。

 

 

ちょっと話変わるんですけど。

元気のない友人が、「最近BLにもあんまり出会ってないな……でも少女週末旅行は見てる」と言うので、少女~も女の子なだけでやってることはBLじゃん、という話をしたのですが、その日帰宅してから(あれっ私百合よりBLが高尚みたいな言い方したな?)と思って後悔しました。百合とBLの傾向が違うのは確かだと思うし、少女~は百合っぽさよりBLっぽさの方が強いよねという話ではあったけど、やっぱりBLってボーイズラブの略なので、私個人がキャラクターの性別関係なく百合よりBLの作品の傾向が好きだということを言いたいだけなのに、性別が含まれる単語を使ってどちらがより好き、みたいな表現をしたくないなと思った。ああこれだけ書いただけでも矛盾していく……

男二人でも女二人でも同じ種類の萌えを感じることは多々あるので、もっとニュートラルな呼び方が発明されてほしい。ニュートラルで最高のラブということでNLでもよろしいでしょうか? もしくはナチュラルラブ(自然に導かれし二人の素晴らしき愛)でNL。でもそれだとノーマル呼びが滅びないからダメだな。二人組ラブとかでよろしいか?

 

 

下書き大掃除:受信料

NHKの受信料、公共放送の維持費という意味ではまあ税金みたいなもんかなと思うからいいんだけど、BSの追加料金はどうなんかなー。非常時の緊急放送は地上波で事足りると思うけど違うのかな。

最近は共聴アンテナがBS対応してるせいで、アパートに入居してるだけでBSの料金請求されることもある。金額も、BS全く見ない人からそこまで徴収するのはどうなの!? っていうような、けっこうな額だし。

受信料くらいは払いましょうよ……派の私でも、さすがにBSの徴収はちょっと悪どいように感じる。

 

一人暮らしの学生だとけっこう払ってない人多くて、私は民放見ないEテレつけっぱ人間だったし、税金みたいなもんだと思って払ってたから、払ってるんだ偉いね(笑)って言われるのすげー腹立った。

払いたくないかどうかは勝手だけど、払ってる人を嘲笑するのはやめろ。払ってる人を馬鹿にして払ってない自分賢いっていう安心感の踏み台にするな。こういうのも不真面目マウンティングの一種なのかなー。まあ払わなくていいなら払いたくないっていうのは分かるけどさ。

 

不真面目マウンティングで思い出した。最近「意識高い系」って言葉聞かなくなったけど、滅んだ? 滅んだならいい。意識の高さでマウンティングしてくる奴のみならず、ただ真面目なだけの人が巻き込まれてdisられるのは嫌な気分になるから。私はどちらかというとマウンティングしてしまうタイプだから、刺すなら狙って刺してほしい。